読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳細胞破壊銃

もじゃと申します。1/6サイズのものに惹かれます。

『TIGER & BUNNY』 ワイルドタイガー

1/6サイズ バンダイ 12"PM

バンダイが新たに立ち上げた新ブランド「12 Perfect Model」の1発目に発売された『TIGER & BUNNY』のワイルドタイガーです。

↓↓↓↓



個人的にはすっごくカッコイイと思うんだけど、やっぱりネックは価格だよね。


目の部分はライトアップありきなので点灯しないと当たり前ですが暗いね。スタイルは申し分なくカッコイイです。


フェイスオープンバージョンのヘッド。ライトアップ機能はないので目の部分は塗装されています。


上下のパーツを外してでオープン/クローズに組み替えます。


フェイスオープン。虎徹の表情が無表情なのは残念です、もっと表情が付いた方が良かったかな。


塗装はキレイです。白い部分はパールが入ってます。黒いパーツは成形色のまんま。可動箇所が多い所なのでこれは仕方ないのかな。


指の関節が動くハンドパーツが付属。


固定の表情がついたハンドパーツも付属。いろいろポーズをつけるのは楽しい。


「ワイルドシュート」は両手用に2つ付属。


「ワイルドシュート」を取り付ける時は腕を取り外さなきゃなりません。この外れ方はもちろん「GOOD LUCK MODE」が発売されるってコトだよね。それと「時計」も作ってね。


肩アーマーは取り外せるようになっていて、劇場版バージョンとテレビシリーズバージョンの両方の再現が可能。


ライトアップ機能。上腕部分のライトアップがしねーっ!"パーフェクト・モデル"と銘打ってるわりに全然パーフェクトじゃないっていうのはどうよ。ここ、LED仕込めないって事はないと思うけど....何かのっぴきならない事情でもあるんですかね?


周りが明るくっても光ってるのはわかるね。


スタンドの台座部分。凄くショボイです。「タイバニ」のロゴくらい印刷すればいいのにね。


スタイルがイイのでポーズを付けると当然カッコイイ。

結果、第一弾は惨憺たるコトになってますが....。価格や上腕のライトアップしない部分に不満は残るものの、個人的には大変気に入っております。この先シリーズが続くのかいささか心配ですがw


  • バンダイ 12"PM 『TIGER & BUNNY』 鏑木・T・虎徹 のレビューはこちら